おすすめ商品
各店のおすすめ商品の情報です。

2016-03-10 春の旬たけのこ!!

 

タケノコは漢字のすると筍。まさに字の通り竹の旬を味わうものなんです。

 

「破竹の勢い」という言葉の通り、タケノコの成長はとても早く、暖かい日に

 

雨が降ると30センチのタケノコが翌日は1メートルぐらいになっていることも

 

あります。ですからひとつの産地でタケノコが採れるのはせいぜい20日間くらい。

 

桜が南から北へと咲く時期が移り変わるように、タケノコが旬を迎える場所も

 

移り変わります。一般的に出回っている品種は孟宗竹という品種です。

 

孟宗竹のタケノコは3月上旬、南の地方から始まり、5月中旬に東北地方で

 

終わります。

 

栄養

 

血圧を下げる効果のあるカリウムが豊富なタケノコ。栄養的に見てそれほどよい

 

野菜じゃないと言われていますが、カリウムと食物繊維はかなり豊富な野菜です。

 

カリウムは血圧を下げる効果があると言われていますし、食物繊維は便秘、大腸がんの

 

予防に効果があります。また、茹でた時に出る白い固まりはチロシンというアミノ酸の

 

一種で、脳を活性化させる神経物質の原料になり、「やる気」を起こさせるのに

 

役立つと言われています。

 

美味しい産地

 

日本全国に竹があり、どこでもタケノコは採られていますが、いいタケノコが採れる産地は

 

限られています。お薦めの産地は、福岡、京都、静岡、千葉、石川。京都はブランドに

 

なってしまって値段が高いので、一押しは石川県金沢。出回る時期が遅いので、

 

品質が高いわりに安いです。

 

旬料理アドバイス

 

買ってきたタケノコはすぐに茹でましょう。タケノコの皮に、根元は浅く、先にいくほど深く

 

包丁で切れ込みを入れ、皮ごと茹でます。茹で時間は大きいもので約1時間、

 

小さいもので30〜40分。じっくり茹でましょう。茹であがったら、茹で汁にいれたまま

 

6時間くらいかけてゆっくりさましながらアクを抜きます。

 

(米のとぎ汁やヌカを入れ茹でると早くアクが抜けます)

 

アクが抜けたら皮をむいて真水にさらします。むいたタケノコは水に入れて冷蔵庫へ。